The Noisy House

designed by 嶽まいこ

カラー:シルバーグレー*ブラック

受注生産のため、7~10日前後のお届けとなります。
※お振込み確認後の発送となります。予め御了承ください。

※カラー変更も承ります。
以下ページをご参照の上、購入者情報入力ページの備考欄に御希望のボディカラー、インクカラーを御記入ください。
http://colorsample6jumbopins.tumblr.com/



The Noisy House

ジャンル:ノイズミュージック

メンバー:
101号室 鈴木 無可有(プロデューサー)
102号室 パティ・クリーム(製菓)
103号室 スティーブ・グラス(水やり)
201号室 ブラック・ソニック・ヘッド(動物の鳴き声)
202号室 ローズ・パール(ハミング)
203号室 夢野 すや子(寝言)


鈴木 無可有(すずき むかう)プロデュースによるノイズミュージックバンド「The Noisy House」。1stアルバム『LIFE is NOISY』をリリース。
定期的にロンドンのアパートでライブパフォーマンスを行うが、現在ほとんど手に入れることができないレアチケットで有名だ。


作・イラスト 嶽まいこ dake maiko
イラストレーター/漫画家
東京都在住。金沢美術工芸大学卒業。
“日常の中の不思議なモノ・コト”をテーマに、個展や展覧会でも作品を発表。
http://dakemaiko.com/


「The Noisy House」結成秘話についてプロデューサーの鈴木さんに話を伺いました。

鈴木 まず・・・ご存知かもしれませんが、ロンドンの街中に「Noisy House」と呼ばれる有名なアパートがあってですね、ボクらは全員、そのアパートの入居者なんですよね。

ー「Noisy」とはどういう意味ですか?

鈴木 6部屋しかない小さなアパートだったんですけど、とにかく尋常でないくらい壁が薄くて。そこに住んでいる方々の、ちょっとした生活音がアパート中に響く困った家で・・・。(笑)

ーなるほど。(笑)

鈴木 それでもなぜか住み心地はいいので、6室ある部屋はここ3年ほど同じ入居者で構成されていて。元々6人での交流はなかったんですが。

ー何かきっかけがあったんですか。

鈴木 そうですね・・・僕はいわゆるミニマリストで、部屋には必要最低限の物しかない状態だったんですけど、部屋の白さに対して各部屋から漏れてくる音が、なんというかものすごく耳障りだったんです。

ー耳障り。

鈴木 はい。耳障り。なんであのアパートを選んじゃったのか自分でもわからないんですけど。(笑) でもそれが1年ほど過ぎた頃でしょうか、騒音だったはずの音が、不思議なことに音楽にしか聞こえなくなった瞬間があって。あ、これ、なんだ、すごく面白いなって。

ー音楽になった瞬間があったんですね。

鈴木 ええ。そこからですね。それぞれの部屋の住人にバンド結成のプランを持ち込んで、ひとりひとり説得して。試しにレコーディングしたものを聴いてもらったりもしたんですが、ラッキーなことに、面白がってもらえたんですよね。
(『妄想ロックマガジン 2016年4月号』より抜粋)

¥ 2,800

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ネコポス

    全国一律 260円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。