音曲でござる!!

designed by ユカワアツコ

カラー:杢グレー*ブラック

受注生産のため、7~10日前後のお届けとなります。
※お振込み確認後の発送となります。予め御了承ください。

※カラー変更も承ります。
以下ページをご参照の上、購入者情報入力ページの備考欄に御希望のボディカラー、インクカラーを御記入ください。
http://colorsample6jumbopins.tumblr.com/



音曲でござる!!

江戸にほど近い小藩「五線藩」。
これといって特産物も景勝地もない地味な藩だが、ひとつだけ、他にはない特徴があった。
五線藩では、武士は「剣術」でなく「音曲」を磨くのである。

主人公のおんぷ殿は、打ち物の名家「八分家」嫡男。藩公認のスタジオである「五線道場」に通っている。
厳しい師範の元、日々ストイックに鼓や太鼓のお稽古にはげんでいた。
親友の呑気者きゅうふ殿や、気の良い十六分殿などを誘い、毎年恒例の御前試合「五線道場内 紅白バンド合戦」にむけて、バンド「音曲でござる!!」を結成し、気分も盛り上がっている。

そんな折り、お城から驚くべき情報が飛び込んで来た。

なんと今年の御前試合は、どんな小さな音曲道場からの参加も可能、しかも優勝したバンドには江戸までの通行手形&江戸下屋敷でのライブ開催という特典までつくというのだ。

町場の音曲道場には、一癖も二癖もある常識破りのバンドが多数存在するのであった。
あえてまげを結わず長髪をなびかせるバンド「YOUR'S 」、
和紙や杉板で作った巨大な箱で音を増幅することにだけ血道を上げるバンド「雷神」、
地方隅々のわらべ歌や田植え唄を足で採取・分類化するオタク集団も、
急遽バンド「節道(ぶしどう)」を組んだという噂だ。

大名の子として生まれたときから当たり前のように音曲を学び、内側からの衝動なきまま続けてきたおんぷ殿たちは、彼らの音曲にかけるエネルギーの前に、呆然と立ち尽くすのであった…。


作・絵 ユカワアツコ
1967年 宮崎県生まれ。主に鳥の絵を描く。倉敷意匠から、鳥のポップアップカード「トビダストリー」シリーズ、「お伽草子」シリーズを発売。4月27日〜5月1日まで西荻のshop&gallery FALLにて個展「引出しの中の鳥」を開催。

¥ 2,800

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ネコポス

    全国一律 260円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。